近隣案内
財田町のみどころガイド

香川県の西南部にある財田町は、財田川が豊かな恵みをもたらし、古来より「たからだの里」と呼ばれてきた恵みの地。ほっとする自然や歴史の足跡、公園に温泉、宿泊施設もあるので、スポーツを楽しんだり、のんびりゆっくり過ごしたりと心の宝を見つけていただきたい町です。

環の湯

 中国の風水に基づいて活力と優しさが集まる場所に作られた温泉。リウマチや糖尿病などの効能も多く、庭も眺めも素晴らしい安らぎの湯。

道の駅「たからだの里さいた」物産館

 町内外の人々のふれあい拠点となる道の駅には物産館が併設され、丹精込めて作られた自慢の品々が一杯!手作りアイスも人気です。

湯の谷荘

 環の湯のすぐ近く、宿泊・お食事・会合などにご利用できます。たからだの里の星空と早朝の澄んだ空気は絶品です。

塔重山公園

 たからだの里を見下ろし讃岐山脈を見渡す塔重山は、農村公園として整備されました。展望台からは、讃岐平原から瀬戸内海まで一望できます。

香川用水記念公園

 世紀の大事業「香川用水」を顕彰する、全国でも他に類を見ない水をテーマにした公園。水に親しみ触れ合って、香川用水や香川の水を楽しく学べます。

鮎返りの滝

 昔、春の若アユが財田川の上流を目指して上がってくる時。その瀑布のため上流に進むことができなかったと伝えられています。どんな時でも、水がかれることはなく、時と共に流れ続けています。

財田川

 仲南町の塩入付近から発し、いくつかの支流と交わりながら財田町、山本町を通った後、ちょっとだけ豊中町を通り、最後は観音寺市の燧灘(ひうちなだ)へ流れ出る、全長約32キロの二級河川です。

戸川ダム公園

 ダムの周囲に約250本の桜の木があり、花見に散策におすすめ。4月の第一土曜・日曜日には、多彩なイベントや花火大会が行われる“ェ之丞まつり”の舞台となります。


Copyright 「Takarada no sato」 All rights reserved